推しなるグループのチェキ会なるものに初参加してきた話

タイトルの通り、推しなるグループのチェキ会なるものに初参加してきた話。当日のことはもちろんシングルBOXを受注注文してチェキ会に参加して終えるまでの4ヶ月間くらいの話となるので、その過程は自分にとって無駄じゃなかったものの読む方からしたら無駄に長いです。過程は置いといて読む分には自分からしても無駄に長いです。まあそれはおまけ感覚で、推し含めチェキ会なるものについて知ってもらえたら嬉しいです。

・はじめに

チェキ会なるものの前に、推しなるグループについて。

f:id:ayaco14:20170619183432j:plain

ハロプロの5人組、Juice=Juiceなるグループ(写真参照)。写真がすでに尊さ5億点。さらに推しグループの推しなる人物が宮本佳林ちゃん(写真中央)。ちなみに宮本佳林ちゃんの名前の発音は”みりん”なる調味料と同じです。

プロフィールにも書いてあるし、ブログでライブの感想も何度か書いてるのだけどあらためて。そして今回チェキ会なるものに行ってみようかなと思い立ったのは、日頃Twitterで色々なアイドルやそのファンの方のつぶやきを見ていてその中でよく見受けられるワードであるところの”チェキ”に何となく興味を持っていたところに、良いタイミングでJuice=Juiceのチェキ会なるもののお知らせがきたので。一度行ってみてもいいのかな、と。

・チェキ会なるものに参加するためには?

最初にさらっと”シングルBOX”と書いたけれど、簡単に言うとハロプロではシングルが発売される度に全パターンを一つのBOXに収めたスペシャルBOXセットなるものが受注販売され、購入特典として封入されている参加券や指定券でチェキ会なるもの等のイベントに参加することができる。今回はJuice=Juice 9thシングル『地団駄ダンス*1/Feel!感じるよ*2』発売記念イベント。なお同じハロプロでもイベント内容は各グループでそれぞれらしい。今回のJuice=Juiceのイベントの内容は、グループ集合チェキ会、2ショットチェキ会、チェキお渡し会、一言サイン会、Juice=Juke BOX。そう。初めての人間からしたら何が何だかである。それはそう。わかる。

まず、チェキ会についてはグループ集合は全員と、2ショットはメンバー1名と、ポーズを指定してチェキを撮るというもの。それ以外については参加したことがないので説明がなってなかったら申し訳ないのだけど、チェキお渡し会はメンバーが撮ったメンバーの写ったチェキを指定した宛名を書き入れて渡してもらうというもの。一言サイン会は写真の入ったメッセージカードに指定した宛名と一言メッセージを入れて渡してもらうというもの。Juice=Juke BOXは少し変わった趣向で、元々ある曲リストの中から一曲を選び、メンバー1名が目の前でアカペラで歌ってくれるというもので、イベントの中では一番に販売終了するほど人気が高い。これらが全国色々な会場で1部~35部に分かれて行われる(部数はもしかしたら毎回違いがあるかも)。ちなみに衣装も部によって変わる。個別握手会もこれとはまた別にある。ざっくり言うとこんな感じ。”アイドル=握手会、チェキ会”という図式が出来上がってきた昨今だけど、それ以外にもこんなに色々と展開されているんだなと感心させられる内容。

さて、話を戻してなぜこの中からチェキ会を選んだかというと、前に書いた通り元々何となく興味を持っていたからというのもあるけれど、チェキというか写真というものを撮ることって、あったとしてもスマホでくらいなものでこの年齢(察して下さい)になるとほんとになくなってきて、で、ふと考えた。写真を撮る相手も機会もないなら推しとチェキを撮ればいいじゃない。なんという名案。私すごい。だけど私もっと慰められていい。あとはまあ、一緒に写ったチェキという形で残るのが一番思い出になってくれるのかな、なんて思ったのも理由のひとつ。

・ランダム封入の罠

そんなこんなでグループ集合チェキと佳林ちゃんと2ショットチェキを撮るためスペシャルBOXセットを初めてにして2BOX受注注文した私。でもここでひとつ問題が。2ショットチェキには参加券とメンバー指定券が封入されているのだが、メンバー指定券はランダム封入らしい。率直に「鬼か何かかよ」と思いながらも1/5の確率なので賭けてみることにした。これで佳林ちゃんに当たったら運命だ!!!!!

由加ちゃんでした

人生はそう上手くいかない。ただ諦めるわけにもいかず、Twitterで交換希望を出したところ、すぐに可能だという方が見つかり、無事に譲渡させていただきました。本当にありがとうございました。やはりよほどの強運でない限り推しを引き当てることは難しいと思われるので、そういったTwitterSNSは大事な役割を果たしているのだと思う。実際とても助かりました。

・初チェキ会までにすべきことと出来ること

自分なりに考えてみた。チェキ会に行くと決めたものの、Juice=Juiceというキラキラの中に飛び込み同じチェキに納まる。オタク特有のそれは隠しきれないだろう。が、できる限りのベストは尽くしたい。

まず、肌荒れに気を付ける。1日スキンケアをサボっただけでそれが肌にもろに出るタイプなのでいつも以上に気を付けた。そして、当日着る服の用意の準備。ライブでは基本パンツにスニーカーだけど、イベントでは何を着るも自由!スカートにヒールで女の子女の子(年齢のことは言うな)できる!でもそんな服持ってないよ!ということで、ああ、服から靴まで全て買いに行ったさ。普段からいつの間にかライブを意識してパンツにも合う服を選んでた気がするけど、1万年ぶりに私の中の”THE 女の子”なお店MAJESTIC LEGONに駆け込み、可愛い店員さんに捕まり、でもこれもいい機会だと思い「レースの肩めっちゃ透けてる服ってどうやって着るんですか」とかめっちゃ気になってたこと聞いたよ。同系色のインナーを合わせればいいらしいよ。で、結果そのレースの肩めっちゃ透けてる服買ったんだけど、違うお店も散々回ってそこでも服買ったので結局当日着なかったっていうね。要するに伝えたかったことは店員さんが可愛かったことと同系色のインナーを合わせればいいということです。あとは、気休めに小顔ローラーとかしてたけど効果があったのかは謎(多分ない)。

・初チェキ会当日

いよいよ当日。6/18 時事通信ホールで行われたJuice=Juice 9thシングル『地団駄ダンス/Feel!感じるよ』発売記念イベントに行ってきた。

受付時間ピッタリくらいに着いたので、会場に入って受付を済ませると、もうほんとにチェキ撮影はすぐのすぐだった。まずは集合チェキから。会場自体は思ったより小さく、そこに順番待ちの列が出来ている。最初にスタッフさんに渡された指定ポーズの用紙を記入して列に並ぶ。地団駄ダンスとFeel!感じるよが延々と流れ続ける会場でパーテーションを隔ててもうJuiceのみんなの声は聞こえててすごいドキドキして。そしてついに私の番に。まずは結果から。

f:id:ayaco14:20170618211530j:plain

指定ポーズ「みんなで幸せな表情」

とにかく初心者なので普通に撮ろうと思ってて、ポーズ(お題)は元から決めてあったんだけど。みんなの笑顔が見たかったから幸せな表情で。そして中央で「みんなの幸せが私の幸せです」ポーズの私(幸せな表情のつもりが緊張で明らかに固い)。佳林ちゃんが天使すぎる~~~!!!!!

でもこれ、ブースに入ってすぐ座るじゃない。後ろと両隣にメンバー座ってるじゃない。囲まれてるじゃない。でも「はい、撮りますよ~ カシャ」ですぐ退場って感じだったので、正直一緒に撮ってる感覚がなかった。握手会だと目の前にいて握手して言葉かけるからふわふわしながらも”接触した”という感覚はあるんだけど、チェキ会は撮って退場してチェキが浮かび上がってきて「うわぁ…」「うわ…うわ~~~!?」みたいな感じ(ちなみにブースを出たすぐのところにチェキ確認スペースがありそこで確認してから退場する)。多分本当は入る時と退場する時に多少なりは顔見て話しかけたりとかしていいんだろうけど私にそこまでの余裕はなく、もう次の人が入ってくるであろう気配もしたからもたもたしてちゃダメだと思って出ようとしたら後ろから「ありがと~!」って聞こえてきてその声を背にして「あっ、ありがとう!!!」って言いながら出てきた。スタッフさんに「チェキの端を持って振らないで下さい」と言われてチェキを受け取って早速振った。テンパりすぎである。

ちなみに指定ポーズを書いた用紙はスタッフさんに渡され、撮る直前に「みんなで幸せな表情~!」って読み上げて伝えられるんだけど、もっとネタ的な指定もたくさんあるんだろうからそういうポーズも同じようにこうやって読み上げてるんだなと思ったら後からちょっと面白くなってしまった。

そして次に2ショットチェキ。受付で撮影までは集合と同じ段取りであとは参加券プラスメンバー指定券の確認が行われる。今度は中で5人それぞれにブースが分かれていて、一緒に撮るメンバーの列に並ぶ。同じく結果から。

f:id:ayaco14:20170620033121j:plain

 指定ポーズ「2人で大きなハート」

2ショットチェキって2人でハート作るのがポピュラーなイメージがあって、とにかく普通に無難にいこうと思っていたポーズは私はハートにしようと思ってたんだけど今回の衣装が地団駄ダンスの法被っていうのもあって「大きなハートだったら地団駄の振りっぽくもあるし一石二鳥では」と思い大きなハートに。

ブースに入ったら佳林ちゃんと目が合って、それが不思議なもので「きゃ~!佳林ちゃ~ん!」とか言えれば良かったんだけど、目が合った瞬間石化したかのごとく何も言えなくなって、”言葉を失くす”という言葉の本来の意味を初めて知った気がした。そして席についたらそんな私に佳林ちゃんが「こんにちは」って言ってきて「こっ、こんにちは!!!」(デジャヴ)って言ってスタッフさんからポーズを伝えられると「これ?」ってすぐポーズしてくれた佳林ちゃん。プロだよ。慣れてらっしゃるよ。「そう、こういうやつ!」って言って私もポーズして作ってもらった。そして撮り終わって「ありがと~!!!」って言いながら退場。それにしても、出来上がったのを見たら左腕の伸びから伝わる私の上手く作りたいという必死感(裏目に出る)。そして佳林ちゃんにめちゃくちゃ寄ってて笑う。本当に無意識。おたくこわい。でもデコ出しツインテールSR佳林ちゃん可愛すぎる。それにしてもテンパりすぎである。

・余談

スタンプ押してわかりづらくなってる(させてる)けど、実は出来上がった集合チェキを見た時に、自分の髪の毛のボリュームが思ってた以上に凄くてぼわっと感にショックを受けて「ちゃんとピンで止めるんだった…ちゃんと固めるんだった…」ってなったんだけど「まだだ…まだ終わらんよ…」と2ショットチェキの受付が始まるまでの間に会場最寄りのコンビニに駆け込みピンとスプレーを買い、急いでセットしてから2ショットチェキへ。結果、なんとか抑えることに成功(当社比)。だが、お気づきだろうか。あれだけスキンケアだの服だの言って準備してきたはずなのに当日は化粧もばっちりして何回も確認したのに髪の毛のセットがガバガバだったのである。この準備万端なはずが絶対どこか抜かりあるの、いつもの私だな…という感じ…

・総括

f:id:ayaco14:20170618211441j:plain

反省点。テンパりすぎた。まともに顔を見られなかった。推しと目が合って石化した。2ショットでめちゃくちゃ寄ってた。髪の毛が爆発した。 

感想としては、Twitterにアップするためにスタンプ加工して今回もアップしたチェキの画像だけど、なんかこれに慣れると実際の加工なしの方のチェキ見た時にすごい恥ずかしくなって「わ~~~!?!?!?!?」ってなってしまってたので最初のうちはずっと加工した方を見てた。今少しずつ加工してない方に目を慣れさせてる。それくらいオタク特有のそれっていうか、自分の周りをアイドルに囲まれているという状況、やっぱり異質。いや、自分が異質した存在。同じチェキの中に納まってるのに時空歪んだのかな?ってくらい次元が違うオーラ。見た目ばっちりポーズは撮ってるけど内心ものすごいドキドキだった。

私もしかして今日のこの感じからしてチェキ会という接触に向いてないのかな…とかネガティブに陥ったりしたんだけど「反省点は見つかったからこれを次回に活かそう」みたいな気持ちもあったりしてて変なところポジティブだから困る。次回の参加があるのかどうかはまだわからないけど、チェキ会以外にもあれだけのイベント(最初の方参照)があるから、次は違うものに参加してみるのもいいと思うし。もし、もし次があったなら今日ほどテンパらないはず!実際やってみないとわからないことはたくさんあるし、興味を持ったら行動に移してみることは大事。と、なんかいい方向に持って行って終わらせようとしてる感満載なんだけど、昔はチェキ会なんて自分には無縁なものだと思ってたけど、今回こういう経験が出来て良かった。だから、

 
Juice=Juice『CHOICE & CHANCE』(MV)

つまり やらぬ後悔より やっちまった後悔がしたい

 

それ!!!