”幸せ”が見えた - Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017

f:id:ayaco14:20170923183536j:plain

9/16 横浜アリーナにて行われたHey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017 2部に行ってきた。

初めて行ったライブHey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR.から約1年ぶりの横浜アリーナ。実はグッズ列がものすごい長蛇の列で、スタッフの方に「開演に間に合わない可能性があります」とアナウンスされながらも並んでいたため、購入してから友達と「走れ!」って言ってダッシュで入場口に駆け込んで3階まで階段ダッシュで駆け上がって席についた頃には1曲目のUMPのサビだったからギリギリ間に合った。まあギリギリもなにも何ひとつ間に合ってなかったけど何かもうもはやそれは問題じゃなくなった。会場の扉が開いた瞬間、世界が一瞬で変わってなんかもうどうでもよくなってしまった。それくらい凄かった。

以下、ライブのレポ覚え書きと感想。

・Sweet Liar

とりあえず実際にあったことをそのまま書くと、4人シャツにレザーのパンツ。大サビ前で山田くんが知念ちゃんを後ろに回って抱きしめるようにはだけたシャツの中に手を入れてお触り寸止め。圭人くん裕翔くん背中合わせで恋人繋ぎしながら見せつけるように手をにぎにぎ。わけがわからないよ。オタクを沸かせる戦闘力高すぎて逆に一瞬声出なかったわ。曲からもうわかっていたことだけど、今回7みんな色気全開で手のひらの上で転がされてる感が楽しかった…世界よこれがHey!Say!7だ。

・スタートデイズ

とりあえず実際にあったことをそのまま書くと、茶番VTRからのランドセル背負って短パンに園児みたいな帽子に丸眼鏡かけた小学生の恰好でセンターステージに登場してモテモテ小学校に有岡くんが転校してくるという茶番寸劇が繰り広げられたのち、そのまま曲へ。最後はランドセル開いたら金の紙が出てくるマジック。わけがわからないよのベクトルの違い。世界よこれがHey!Say!BESTだ。最高か。

・バンドコーナー

 ここから青スーツ!!!今回一番好きな衣装!!!そしてとりんとりんセッションタイムかっこよかった。それはそうと、ドラム叩く→可愛い音出る→音に合わせてスティックでほっぺぷくーしてブリッコ→「か~わ~い~い~!!!」→オタクの歓声サイレントで真似して煽る→何回か繰り返すという裕翔くんにしかできない芸当ほんと最高だから映像化したら全人類に見てほしい。マジでかわいい。

・Star Time

最後に伊野尾くんのピアノの周りにみんなで集まるのが良かった。途中ステージ上で3:3:3に分かれるんだけど、伊野尾くんの隣で腕組みしながら見守る薮くんお父さんだった。

・From. 

センターステージからみんなが花道に移動するんだけど、みんな一列になって先頭の裕翔くんの真似して伝言ゲームみたいに歩き出したのほんとに可愛くて楽しそうで楽しくて、曲の幸福感もあって「みんなが健やかに育って生きてることが幸せだ」っていうオタクの境地に達して泣いた。

ちなみに雄也パートで伊野尾くんと肩組み耳元でささやくように歌う雄也→イヤモニ外して聴こうとする伊野尾くん→伊野尾くんにマイク向けて歌わせる雄也→最後歌う伊野尾くんに顔近づけて一緒に歌う雄也、といういのたか報告。いのたかどうなってるんだ。

 ・キミアトラクション

「君がNo.1」パートは全員で「好きです」。光くんは「ちゅき♡」。山田くんは「あなたのことが…スキダカラーーー!!!!!」楽しそう(楽しい)。

・僕はVampire

VTRでのVampireポーズが図らずとも可愛くなってしまう自担と腰つきで図らずとも優勝してしまう自担

・MC色々

 ありせかの歌詞の意味がいまだに理解できない有岡くん(のためにスクリーンに歌詞が映し出されて突如始める歌詞解説(解読?)コーナー)

有「”エキサイティング! スパシーバ! スパイムービーワンダホーで” ここからちょっと笑」

皆「圭人これ和訳してみてよ」

圭「楽しい、ありがとう、スパイ映画…素晴らしい」全員爆笑

 有「"あのファッショングラっときて もうグラッチェグラッチェちぇけらうよ” ちぇけらうよって!笑」

薮「だから作詞家さんが、グラっときてとグラッチェグラッチェでいい感じにきたなってなって…ちぇけらうよ」

有「妥協してんじゃねぇか」

みんな各々発言してる中さらっと言い合ってた好きなありやぶ

---

伊野尾くんがバク転の練習をしてる話

薮「複雑骨折とかするなよ笑」

光「いのちゃんがバク転とか想像できないんだよね」

知「なんか笑っちゃう」

裕「でも斬新だよね、 ギャップがあるから」

話の最後さりげなくフォローした裕翔くんSUKI

---

みせコドの番宣する知念ちゃん

知「3日前くらいに撮影が終わりまして…」

薮「終わったの!?(声大きい)」

知「終わりました」

薮「やった!(声大きい)」

これ拾われなかったけど、一緒にご飯行けるから嬉しくてだと思うと薮くんかわいいかよ…

---

ハガレンの番宣でとにかくCGがすごいと語る山田くん(「映画を観たら海外と日本との区別が付かないと思う!」と興奮気味)

裕「すごい?」

山「すごい!」

裕「やばい?やばい?」

山「ん?」

裕「やばい?やばい?」

山「やばい!」

裕「語彙力無いな~笑」

やまゆとかわいい(語彙力無)ていうか山田くんにやばいって言ってほしくて発言かき消されそうなりながら「やばい?やばい?」って何度も聞いてやばいって言ってもらったら言ってもらったで語彙力無いと言いながらちょっと満足気な顔してた裕翔くん、やばい(語彙力)

---

成長して裕翔くんの身長伸びた話からJUMP撮影時のあるある話

光「ちっちゃい子組とお兄さん組って呼ばれてて、ちっちゃい子組が呼ばれると大ちゃんしょんぼりしながら前列に行くの。でも抗議として前列のちょっと端の方にいるの笑」

薮「俺とか裕翔はもう(立ち位置)察して大体ここら辺かなって思って立ってるとほんとにそこだよね」

撮影で前列後列に分かれる時に身長別に「ちっちゃい子組」「お兄さん組」って呼ばれて並ぶ、この平均年齢25歳にして失われないHey!Say!JUMPの”男の子”感が可愛すぎる。みんな成長して10年目のステージに立ってそういう話をしてわちゃわちゃしてるのがたまらなく愛しかった。

 ちなみにこの日は関係者席に薮くんがドラマで共演している「ウチの夫チーム」の皆さん、知念ちゃんとみせコドで共演している健人くん、キスマイの北山くんと二階堂くんが。MCでそのことに触れて、ケンティーを見るなり「なんかセクシーなこと言ってよ!」と雑な振りしてたJUMPだったけどみせコドの話やJUMP10周年について真面目に話したあと「セクシーサンキュー」をくれたケンティー(会場悲鳴)。そして「いやいや」みたいな空気を出しながら捌け際に「セクシーサンキュー」する言いたがりな山田くん。さらにそのあと流れと関係ない場面で「セクシーサンキュー」するやっぱり言いたがりな薮くん。ちなみに花道を通る曲の時、薮くんが関係者席に向かって両手でブンブン手振ってて可愛かった。

・最後の挨拶

薮くんニュアンス抜粋。「数あるグループの中からHey!Say!JUMPを好きになってくれてありがとうございます。そして、その中から僕のファンの人は僕を好きになってくれてありがとうございます。歌が上手くなりたいとかダンスが上手くなりたいとかお芝居が上手くなりたいとか、かっこよくなりたいとかそんなことを思いながら活動をしています。それは、僕のことをもっとみんなに好きになってもらいたいから。僕の日々の活力がみんなです。だから、みんなの日々の活力が僕になってくれたら嬉しいです。」

何というか、一言で言えばもう本当に、自担が自担で良かった。

思えばこの日が来るまで自分の日々にも色々あって、ほんとにこの2~3日前に通勤時にH.Our Time聴いてて「僕たちの夢には 幸せが隠れてる」って歌詞でふと泣けてきたことがあって。どの歌詞もいいけどなんかすごく刺さって、今の自分は”幸せ”っていう言葉に弱いんだろうなと思った。上手く言えないけど。この曲で言う幸せはJUMPにとっての幸せかもしれないけど、その幸せが自分を幸せにしてくれて、それはFrom.の時に感じた気持ちだったり、薮くんの挨拶で感じた気持ちだったり、ライブも、それこそ心の支えになってたライブまでの日々も全部幸せだなって思ったし、JUMPのみんなに幸せをありがとうって言いたい。

アンコールの最後の一言、薮くんだった。「また会おうね、バイバイ」ってふにゃ薮で言われて終わった。ずるいなー。好きだなー。こんなの絶対また会いたいよなー。ずるいなー。

で、大好きなIgnitionの歌詞。今回歌ったとかではないんだけどライブ中まさに思った、

ねぇ もしも幸福が見えるとしたら

それはこんな景色のことじゃないかな

そう思うよ 

今この景色だって。JUMPを好きになって薮くんを好きになって幸せだ。

そして、10周年おめでとうございます。