感情のままに”5人のJuice=Juice”について

6/26 ハロ!ステ号外*1にてハロプロの新体制が発表された。

そして、Juice=Juiceにカントリー・ガールズ梁川奈々美ちゃん、ハロプロ研修生段原瑠々ちゃんの加入が発表された。Juice=Juiceは5人から7人になった。

ayaconob.hatenablog.com

以前ブログでこんなライブの感想を書いた。この日、私は”5人のJuice=Juice”があらためて好きだと思った。何よりJuice=Juiceのみんなが”5人のJuice=Juice”が好きなんだということが伝わってきた。それがすごく嬉しかった。5人が5人でここまで来てくれて、そこにいてくれることが尊くて幸せだった。

新体制の話が出てからも、最初は正直関係のない話だと思っていた。関係がないんだと信じていたかった。わかった、わかったけど、でも、5人は5人だから。と。でも、佳林ちゃんや由加ちゃんがブログで新体制について、Juice=Juiceもどうなるかわからないと言っているのを見た時、それなりの覚悟をしなければならないと思った。少なくともメンバーはすでに覚悟しているのだと。でも、あんなにたくさんのことを力を合わせて乗り越えてきたグループに新メンバーが加入することがどうしても想像出来なかった。でも、でも、でも、...そうやって結局まだ全て受け入れられない自分がいた。大人の自分の中に「やだやだ」言う3才児の自分がいた。でも、大人の自分も大人になろうとしてる自分だったのかもしれない。

ライブビューイングで見ていた℃-uteさいたまスーパーアリーナでのラストコンサートで、℃-uteの5人がアンコールでウェディングドレス衣装で登場した時、Juice=Juiceの5人の姿を重ねている自分にハッとしたりもした。5人の未来を想像することが楽しみだったはずなのに、それができないことが切なかった。

 私がJuice=Juiceのライブに行き始めたのはおととしくらいからで、Juice=JuiceがきっかけでハロプロFCにも入った。この子たちの”今”をもっともっと見たいと思ったから。ホールコンはもちろん、初めてのライブハウス、握手会、チェキ会、全てが新鮮で楽しかった。見る度に成長していく姿にどんどん惹かれていった。

何より、ライブハウスツアー220公演の目標を達成して行われた昨年の武道館公演。私はあの日、大きな夢を叶えた5人を見て、この子たちの”未来”が見たいと思った。見届けたいと思った。この5人ならどんな夢だって叶えられると思った。ここまで強くひとつのグループになれたのだから。と。

結局、当たり前のようにそこにいた”5人のJuice=Juice”がいつの間にかいなくなっていくことに、私はまだ整理がついていない。5人はそこにいるのに、これからもJuice=Juiceでいてくれるのに、”5人のJuice=Juice”はそこにはいない、そんな変な感覚に支配されている。当たり前だったことが当たり前でなくなる。7人になることではなく、5人でなくなることがこわいのである。わかりづらすぎるが、そうとしか言えないのである。

ただひとつ言えるのは、5人のメンバーが信じるJuice=Juiceを私は信じてきたし、これからも信じていきたいという気持ちは変わらない。Juice=Juiceはどのグループよりもファン想いで、これからもきっとたくさんの夢を叶えていけるグループだから。これからは7人でその夢に向かっていくのだから。

ameblo.jp

大きく変わりそうなこの時期を前向きに、
みんなで支えあっていけたらいいな。
 
 
 
何があってもそれを正解にしていく!!
 
そう決めてるので怖いことはありません。
 
 
私には頼もしいメンバーと頼もしい
Juice=Juice familyがいるからね☺️👍🏻✨💕
 
 
これからもみなさんと一緒に
Juice=Juiceで大きな夢や小さな夢
いろんなことを叶えていくのが目標です。
 
 
これからのJuice=Juiceも楽しみ。
そして、こんなにも頼もしいリーダーがいるのだから。
ただ、ハロ!ステを見て溢れてきた涙も私の大切な気持ちで、整理もついていないのにこうして何か書かなければどうにもいられないのが今の心境。心が弱くてごめんなさい。うん。やっぱり、Juice=Juiceが大好き。