そこにいたのは歌姫 / 女の子 - Juice=Juice 高木紗友希バースデーイベント2018

f:id:ayaco14:20180501234041j:plain

4/21 TFTホールにて行われたJuice=Juice 高木紗友希バースデーイベント2018 1部に行ってきた。

まずはじめに。単に今までそういった機会がなかっただけともいえるけど、私は基本的にこういった推し以外のイベントに参加しないことにしている。それはもちろん限られた枠の人数、そのメンバーを推しとする人に入ってほしい気持ちから。なので今回は特別だったといえる。ある日TwitterのJuice=Juice公式アカウントにて本人からのイベント告知ツイートが投稿され、それは何ら不思議なことではないことで、ただそれからその日を境に毎日告知ツイートがされるようになり、それは単なる「‘是非来てください!」で終わるものではなく、切なる願いとどこか不安が入り混じったそうなものだった。今回TFTホールに行くのは初めてだったけど、かなり大きい会場ということでちゃんと埋まるかどうか—―いや、なんだかんだ埋まるよ、その、なんだかんだ、と最初は思ってたけど—―それが一番の要因だったと思う。

このツイートあたりで行くことを決めて申し込みをした。そしてこのような告知ツイートはこのあとの2次申し込み終了のギリギリまで続いた。

・”かわいい”の解放 -OP3曲

イベント本編について。まず1曲目は「ね~え?(松浦亜弥)」。と同時に思い出す。割と最近Juice=Juiceのライブで久しぶりに「初めてを経験中」をやった時、ついさっきまでソウルフルに歌っていた紗友希さんがガラッと変わって”かわいい”に全シフトした歌い方になったのを。その時素直にすごいと思ったし、それを機に思う存分”かわいい”できるTHEアイドル曲をもっと聴いてみたいと思っていたのを。なので「ね~え?」に始まり「アンブレラ(タンポポ#)」「ぁまのじゃくスマイレージ)」と続いたかわいい曲ゾーンはとても良かった。もっと言うとその「初めてを経験中」を聴いた時の歌い方とはまた少し違ったかわいいの印象を受けた。かわいいことには変わりないけど、全シフトというよりもっと自然な感じ。それだけでも歌声の進化を感じられた。

・魅了する歌声 - バラード2曲

MCを挟んで着席タイム。続いて「スッピンと涙。後藤真希)」「FOREVER~あなたに会いたい~(つんく♂)」というTHE高木紗友希ともいえる息を飲むような珠玉のバラード2曲。優しくて、でも力強くて、そしてどこか儚い。そんな歌声。今さらなことを言うと、ものすごく歌が上手い。歌い方とか声量とかなんかこうボイトレやったりとかで基礎がこうでとか音楽的技術がどうでとか詳しいことはわからないけど、でもそういうものも含めて”歌が上手い”っていうのには曲に感情を込めて歌うこと、歌が大好きな気持ちとか届けたいっていう気持ち、そういう単純であって単純じゃない気持ちが乗ってるかことも大きいと思っていて、紗友希さんはその全てを伝えてくれる歌手だと思う(あえて歌手と言いたい)。そう思えた、そんな時間。

・ ギター弾き語り

MCを挟みながら10曲を披露したあと、アンコールでまさかのギター弾き語り!!!去年のバースデーイベントでギター弾き語りを披露した佳林ちゃんに続いて2人目のギタリストの誕生。佳林ちゃんの時もびっくりしたけどいやそれもあったからか余計にびっくりした。披露したのは「Wonderful World(Juice=Juice)」。で、演奏を聴いてさらにびっくりしたのが、めちゃくちゃに様になってたこと。練習したギターの弾き語りを聴いて下さい、って言われたらこちら側も少し応援の気持ちを持って見守るくらいのものっていう頭でいたんだけど始まってみればそんなものどっかに飛んでいくくらい弾きこなしてたし、椅子に座って足を組む演奏スタイルもめちゃ様だった。

イベントでも言ってたことだけど、バースデーイベントで弾き語りを披露する構想は佳林ちゃんより前からあって、結果的に佳林ちゃんが先に披露する形になったとのことで、ギターについては後日ブログで色々と詳細を書いているので是非。(ちなみに私はJuice=Juiceの祖母なので『お仕事を頑張って、お金を貯めて~』のところで泣きそうになります)

ameblo.jp

・タイトルなし

そしてこの日一番最後に披露した曲は、ギター弾き語りのタイトルのない曲。Juice=Juiceのことを歌った曲。作詞作曲:高木紗友希。歌い始まる前からだめだ泣きそうと思ってて始まったらもっと泣きそうになってこらえてたけど。今までの道のりを辿っていくような歌詞で、思い出せるのは「今ここに立っているのはこの場所が好きだから」という言葉。じんわりと伝わるグループ愛。で、これっておそらくバースデーイベントで披露しようってなってそのためにどんな曲を作るかを考えた時にJuice=Juiceの曲を作ろうって思ったわけでしょ、何はともあれ一番最初に曲にして届けてくれた想いがJuice=Juiceへの想いだったわけでしょ、そのために考えて、練習を重ねて…ああ、愛だ。と思っていたら、演奏が終わって最後に舞台袖から勢いよく飛び出してきたのは植村あかりそして、周囲の混乱をよそに紗友希さんの頭を愛おしそうにわっしゃわっしゃ撫で回してまた勢いよく舞台袖に消えていったあーりー。撫で回されるがままに撫で回されて笑うしかない紗友希さん。私は今何を見たのか。自由すぎだし、好きすぎた。笑ってしまった。ああ、愛しかない。

・内面の魅力 -その二面性について

今回のバースデーイベント。歌のことは上記にも書いたけど、自分のことを表現するのに紗友希さんが最近になって使い始めた「リニューアル」という表現。目に見えて何かが違うと思わせるパフォーマンス、明確な目標があるのだろうなと思う。本当にしっかりしてる、と、大の大人がこんなにも尊敬してる。自分に与えた課題を一つずつ着実にクリアしていくその姿勢。彼女の言う「リニューアル」は0からであり0からでない「レベルアップ」だと考える。これまでの経験値が何よりもの強さになる。高木紗友希は強い。

そして歌以外でもう一つ感じたこと。それは素の紗友希さんの可愛らしさ。ほんとにほんとに可愛いかったんだよ。最初に書いた不安要因だった客入りについて(当日は埋まっていたわけだけど)「3列目くらいまでしかいなかったらどうしようかと思ってた!」と口にしたり、一面黄色の光景に「こんな一斉に黄色振られることないから照れちゃうっ!照れちゃうっ!」と嬉しそうに言ったり、自作曲披露(してわっしゃわっしゃされた)あと照れ隠しで「自分が作ったって言いたくないくらい」とか素直じゃないこと言ってみたり、すごく可愛らしい女の子だなっていう印象。内面的なことって普段そこまで気付けないし、そういう素の部分を見ることができて良かった。当たり前だけど、普通の女の子だなって。

そういう内面の部分でも、二面性というか素敵な部分を知ることができたと思う。最初は少なからず行っていいのかな~っていう思いもあったけど、行って良かった。

 

最後にあらためて、高木紗友希ちゃん21歳の誕生日おめでとう!